So-net無料ブログ作成

県内のバリ他に貢献する人たち

以前に前橋で尽力されている方のお話をしましたが
http://rikawati.blog.so-net.ne.jp/2011-10-19
その後、ユネスコの活動をされているAさんが国際交流協会の最後のお仕事として企画されたインドネシア語講座があり、私も半分さくらで参加させていただいたのですが、その講座でご一緒した元駐在員の奥様の方から引っ越すので楽器を譲られてほしいとのご連絡をいただいたのでした。そうしてきたのが、イカットのカバーに包まれたクンダン(ラナン)と踊りの衣装小物など。

そして、県の医療通訳ボランティアのお仲間、NPO法人・群馬の医療と言語・文化を考える会へ、日本とインドネシアを繋ぐ機関の元トップで現在本県にもお住まいをお持ちのNさんから、私がガムランをやっていることもあって会に寄贈いただいたのがガンサと1対のクンダン。事務所に置けないのをいいことに私が喜んでお預かりし、有効に使わせていただいている次第。なので、インドネシア語グループを中心に、演奏方法もお伝えしていくつもり。インドネシア語グループは、会の副理事長のHさん、同じく理事で有能コーディネーターのSさんを中心に、超絶バリ訛りのワタクシも加わり、医療通訳の活動や勉強会を頑張っております。お二人は、ブラシュアップ講座なども運営されていて、ほんとに頭が下がるのです。今日はお二人にギラッ・バリスをお伝えしながら、極上のひと時を過ごさせていただきました。音楽は、国境を軽々と超える力を内包しているものだと思っています。言葉も文化を背景に成り立っているコミュニケーション・ツールで、百聞は一見に如かずという諺はありますが、私は音あるいは空気を震わせて伝わるものは、大勢と共有しやすいツールだと思っています。読み聞かせもしかり。
何を言っているのか段々わからなくなってきましたが、日本の内陸の小さな県にも、海外に強力している人や在住の外国人の方たちの生活を守りたいと活動している人たちがいますよ、ということはお伝えしたくて。

gansasige.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

カンティランがやってきた!

なんと、2年半ぶりくらい?の更新です。それでも時々記事にアクセスくださる方がいらっしゃるようで、ありがたいことです。

皆さんのお家で眠っているスリンを鳴らしてあげて、という願いもあって始めたブログでしたが、実はお家で眠っている楽器が意外とある、ということを知ったこのほどでした。そんな楽器たちがありがたいご縁で我が家に来てくれたのでした。でも、使わないしボロボロになっているけれども譲るかと問われればうんとは言わない、という方もいらっしゃるようなので、追々、お家で眠っているガンサの活用法なども触れていければいいな、と思いました。

さて、我が家に来てくれた今回の目玉、カンティランです。ガンサを使いませんか、とお声がけをいただいて、それはありがたいです~!!と申し上げたものの当初プマデなのかカンティランなのかわからなかったのですが、プマデに泣かされた経験があったもので、ひそかにカンティランだといいな、と願っていたのでした。以前バリでガンサを手に入れる時に、カンティランというオーダーをせずに手配をお願いしたところ、ウガール並みに大きくて重いプマデが来てしまい、3度くらい日本に持ち帰るのを断念したのでした(バリに滞在してる間はもちろん使い倒しましたが)。今度のカンティラン、コンパクトで軽くて、ウキランもあって(塗はないけど)、機動性の高いところが大変ありがたいです。とりあえずミニマム形態を考えてしまう現状の活動の中、スリンで踊りの伴奏だとドンカマが必要なのでミニマム3人ですが、ガンサだったら2人で何とかなる(クンダンも歌いながら叩けばなんとかなるけど、結構キツイ…)ので、いろいろ楽しいことができそうです。
ご縁を感じる楽器たち、心して演奏し、できるだけ多くの地元の方々に聴いていただけるよう頑張りたいと思うのです。DSC_0343.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。